ドッグスクール Happy Friends

栃木県の犬のしつけトレーニングスクールHAPPY FRIENDS、ドッグトレーナー西村緑彩の活動ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンでやったことはやってみよう



ドッグランでのレッスン🌿
「どんなことをやるんですか?」
とよく聞かれます。

とてもシンプルです。

実際にドッグランでやってほしいこと、
やって欲しくないことをアドバイスさせてもらい、
それを実践してもらうだけ😊

扉の入り方
犬同士の遊び
遊べない犬へのアドバイス
などなど

ドッグランといっても動きのあることばかりするわけではありません。
待つことも大切ですから、みんなが遊んでいる中でじっと待つという練習もします。

同じしつけ意識を持っている同士で練習するので
みんな頑張れます。

ただ、
レッスンと日常が別になってしまっていると
これらをやっても意味がありません⚠️

大切なのはレッスンでやったなぁ〜
ということを遊びに出かけた時、旅行に行った時に全部出なくても良いから思い出しただけでも、実践してほしい👍🏻

【レッスンでやったことが身につく瞬間】です😊🐾

スポンサーサイト

待って練習は可愛く写る練習

「待って練習は可愛く写る練習」
文字で書くと簡単なんですけどね😊

これができない子たちがたくさんいるのも事実😅

でもね、
自分の愛犬を可愛く撮りたい📷✨
と思ったら、それが待っての練習のチャンスっ👍🏻👍🏻👍🏻👍🏻👍🏻😉
気に入った写真が撮れるまで何度も何度もいろんなところで待ってして撮ってみましょう!!!

こんな写真撮れますよ〜😉



今日のお散歩レッスンは、
ゆっくりしたお散歩




他の人が話しかけて来ても興奮しないで座っていられるようにしよう、

そしてこの季節のお散歩レッスンの醍醐味✨✨
写真を撮ること😆🌸✨









カメラを構えた途端に自主解除してしまったり、
飽きてきたり、
不機嫌になったり、
いろんなことがあると思います😅

大切なのはそこで絶対に終わらせないこと!
ここらからもうひと頑張りすることで、その前よりも確実に待ってができるようになっていますよ〜っ🙌🏻😆🙌🏻
保証します😉👍🏻

事実、今日参加したみんなも確実に待ってを受け入れ始めていました✨



お疲れ様でした😊

散歩レッスンでお話しすること



1歳のボーダーコリー るな
4ヶ月のゴールデン パティー

初顔合わせの2頭でのお散歩レッスン😊

自分の興味のあるものに集中して
「あそこ行きたい!」
「あの人に触ってもらいたい!!」
「あの匂い気になるっ!」

それに行かないようにリードを止めてたり、言葉をかけたり…疲れてしまう散歩になっていました。


飼い主さんたちは
散歩中のこんな光景の相談で、
「拾い食いしちゃうんです」
「他の犬に吠えてしまって…」
「人が近づくと飛びついて困るんです」
と、散歩中の各行動についてお話しをすることが多いです。

私が散歩中に犬たちに伝えることは
『リードを張らないで歩いてね』

だけです😊👍🏻


これだけ犬たちが意識できれば、
他の犬も
落ちている物も
すれ違う人間も
気にならなくなってきます。

というか、
リードが張らないようにリードを持っている人を意識するので、他のものをかまっていられなくなるんです😊

でも景色を見たり、
風の匂いからいろんな情報を得たりはできるので
ゆっくり散歩を楽しめます✨



これからもっと散歩が楽しい季節になってきます。のんびり沢山歩けるお散歩にしたいですね😉👍🏻✨

1日レッスン~ハイキング~

先日の週末、久しぶりのハイキングレッスンがありました。
往復8キロ弱をお弁当を持って歩きます。もちろんただ歩くのではなく、リーダーシップをとりながら。


落ち着いて、飼い主さんたちを気にしながら歩けていればフリーの時間をもらえます。




足場の悪いところからのよびもどしや

見えないところへ勇気を持って進んでいく呼び戻し、

石垣を登ったり渡ったり、 目の前に下がっている草木をかき分けて走ったり、跳んだり、 見えない飼い主さんの元へ頭と身体を一生懸命使わないと戻れない体験は、いつもの生活ではなかなか経験できないことです。 頑張った先に呼んでいた飼い主さんが待っている、会えた時に褒められれば犬たちの自信もつきます。

折り返し地点の公園でたまたま大きなイベントをやっていました!思いがけず人混みや大きな音の練習もできちゃいました(^^)2㎏台のトイプードルのるしあと3㎏のチワワのちこもしっかり歩きました!

ドッグランレッスン



犬種、年齢、性別、レッスン経験、全て違う大きい子達のレッスン。

フリーにしても誰が強いかと威張ることなく遊べるように。

遊ばなくてもみんなが遊んでいる中で穏やかに居られるように。

小型犬や子どもにぶつかったり、突進していかないように。

小型犬は大きい子達が遊んでいるところに闇雲に突進していかないように。

他の犬達が遊んでいる中でも穏やかに待っていられるように。

そうすれば
あの犬種がいたから、
大きい子(小さい子)がいたから、
オス同士だったから…
なんて相手に理由をつけなくても一緒の空間にいられます。

もちろん飼い主さんは一生懸命やらなくちゃいけないことたくさん!!
大変だけど、やった分だけ将来楽になる。
犬達も穏やかに過ごせる。

みんな頑張りました(^^)




このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。