ドッグスクール Happy Friends

栃木県の犬のしつけトレーニングスクールHAPPY FRIENDS、ドッグトレーナー西村緑彩の活動ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発作

自分が覚えておきたいということもあり、記録をブログに残します。
なっちゃんがてんかんのような発作を起こしました。

5月23日AM7時40分ごろ
数分間
おそらく寝起きで少し歩いたところで倒れ、
泡を吹いて目は見開いたまま全身硬直、痙攣
その後力が抜けて数分は横のまま息だけ荒い状態。

起き上がるが後ろ足に力が入らず歩けない
それも数分後には歩き始める。

歩き始めたものの目が見えていないと思うくらい目の前の物を意識できず、
だいたい部屋の隅や物と物の間に顔をつっこみ、「う~う~」声を出しながら
はまっているまま前進しようとする(痴呆症の犬がやるような行動)

1時間程たって病院へ
それまで部屋の中、庭、車ともに上のような状態で、動き回り最終的に狭い
ところではまる状態。
病室では力が抜け意識はあるけれど伏せの状態で何をされても意思表なし。
水、食事ともに近づけても反応なし。
半日入院させ、補液してもらう。

血液検査
カリウムが若干高め
腎機能の値も若干高め
なだけでこれが原因という値ではない。

病院の見解は
「おそらく脳のどこかに腫瘍のようなものがあるのでは」
治療もないので様子を見ることに。

それから4日、発作のようなものは見られない。
起きている状態から深い眠り(体を触らないと起きない)に入るが早くなった気がする。

EAVでは
大脳、末梢神経系に反応が出ていて、出してもらったレメディーには癌のレメディー。
ただ、その他の身体の臓器、器官などは悪いところは出ず、
ピンポイントだったので、これから注意するところも検討が付けられたことは正直安心した。

15才という年齢からこれからいろんな覚悟はしていたけれど、発作に動転し、
「腫瘍」という言葉にやはりショックはあります。
ただ、それを気にしすぎて気を使われるのが一番嫌なのが夏子だと思うので、
なっちゃんがこれからも心地よく暮らせるようにゆっくり見守っていきます。
fc2blog_20140527145307f07.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。